+ 乳がん

乳がんは、生活様式の欧米化に伴い年々増加し、女性の30人に1人が乳がんになると言われています。
症状としては”しこり”が多く、乳頭からの分泌物、乳房のくぼみ、引きつれなどが起こることもあります。

乳がん検診は、視診・触診と超音波検査により、乳房の検査を行います。
この方法によりほとんどの病変は検出可能です。
超音波検査は、痛みを伴うことなく、短時間 で終了する、簡便で苦痛の少ない検査方法です。
また、近隣の病院と連携していますので、マンモグラフィー検査も受けていただくことが出来ます。

乳腺の発達した30代の前半までの方にはマンモグラフィーよりも超音波検査の方が
得られる情報が多いとされています。マンモグラフィーに比べ痛みが少ないことがこの検査の特徴です.
当院では最新式の乳がん検査用超音波装置を導入し乳がん検査を行っています.

上記の検査で異常が見つかると、細胞を吸引採取してがん細胞の有無を調べます。
乳がんの治療は基本的に手術により病変部を摘出します。
以前は乳房全摘出手術が一般的でしたが、最近では乳房を残す手術が良い結果を出しています。

乳房にしこりや痛みなど症状のある方には保険適用があります。